2016年12月28日水曜日

【自由研究】 下調べ

こんにちは。

こないだの丸太の件について、そもそも何が問題なのかイメージできなかったので質問してみたのでメモ。
ついでに丸太の写真ももらったのでためしにちょっとだけ遊んでみた。なんとなくだけど、結構難しそうな気がしてきた。。

前提知識

そもそも丸太の長さとかをどう測るかわからなかったので聞いてみた。

計算方法

- 丸太の材積は、末口(径の小さい方)を使用して計算する。

- 単位はm3

- 直径×直径×長さ (面積がπr2 ではない。)

- 径13cmまでは1cm上がり、14cmからは2cm上がり。
(上がりって何だろう、、聞き忘れた。。刻みてことかしら。)

ググってみたらいいページをみつけた。
林業就職支援ナビの丸太の材積測定方法。
http://www.nw-mori.or.jp/ringyou/guide8-2.php

長さ6mを境に計算式が変わるのは聞かなかったので、色々地方とかで違ったりするんでしょうか??

測定方法

材積の測定方法は2通りある。

1. 市場での測定

市場では、1本1本機械を流して計測している。
機械で計測した材は小口に数字が書いてないので、仕分けに不便。

2. 山での測定方法

伐採した木を1本1本人力で長さ(直径と長さ?)を計測してトラックで製材所に納品。
材積は製材所で計算している。

やりたいこと

直径の測定とか自動で楽にできるといいなー、とのこと。

前回読んだ論文だとカメラ×2とか設備が大変そうだったけど、たぶん手軽にできないからがっつりやってるのかなー、と。それでも手動よりかなり楽だからやってみたんだろうなー。と。

さてどうしよう。とりあえずOpenCV使って木材部分の検出は手元でやったのですが、微妙かもしれないと思って続きどうしようか悩み中。


0 件のコメント:

コメントを投稿